11/11(日)に開催される「キサブローベテランリーグ2018」第8日目の展望。

現時点での順位表です。

順位 チーム名 試合数 勝ち点 得点 失点
1 CENTRALE 10 22 25 12 13
2 Shawnee 6 15 32 11 21
3 ENDLESS
STORY
10 14 19 19 0
4 naughty mob 6 13 19 8 11
5 BAR 6 12 11 12 -1
6 HIGHLANDPARK 6 11 13 7 6
7 HANGOVER 8 11 17 21 -4
8 BONDS 6 10 19 14 5
9 Team Baty 6 9 15 9 6
10 VANISHING
POINT
10 9 20 26 -6
11 yolocobace 8 8 22 26 -4
12 ONE 6 7 12 14 -2
13 デラパーマズ 6 6 14 14 0
14 urge 8 6 11 25 -14
15 RareReal due 8 3 17 48 -31

雨天順延で消化試合数がかなり違うので、評価が難しいランキングになっていますので、

1試合あたりの勝ち点に直してランキングをつけてみます。

順位 チーム名 1試合平均勝ち点
1 Shawnee 2.5
2 CENTRALE 2.2
3 naughty mob 2.1
4 BAR 2.0
5 HIGHLANDPARK 1.8
6 BONDS 1.6
7 Team Baty 1.5
8 ENDLESS STORY 1.4
9 HANGOVER 1.3
10 ONE 1.1
11 yolocobace 1.0
11 デラパーマズ 1.0
13 VANISHING POINT 0.9
14 urge 0.7
15 RareReal due 0.3

開幕1日目でつまずいた昨季王者のShawneeが復調。

1敗を維持して後半戦に繋げています。

前節ではENDLESS STORY、デラパーマズに追い詰められるも1点差でしっかり逃げ切る強さを見せ、

今季も優勝候補最有力であることに間違いはないでしょう。

 

昨季は下位に沈んだnaughty mobが今年は上位につけています。

前節CENTRALEに敗れ今季初黒星を喫したものの、躍動感のあるフットサルで台風の目となっています。

同じく昨季下位のBONDS、Team Batyも健闘を見せ、中位につけています。

今後の成績次第では入賞圏も十分狙えるでしょう。

 

新規チームではHIGHLANDPARK、ENDLESS STORYが上位につけています。

両チームともこれまでのベテランリーグにはなかった精錬されたフットサル戦術を展開し、

これまでの強豪チームと同等に渡り合う戦いぶりでインパクトを残しています。

 

このような状況で迎える11/11(日)の第8日目。

注目は暫定4位のnaughty mob。

昨季ベストファイブを受賞した永池 勇士 選手を中心に

上岡 潤也 選手、中瀬 皓太 選手らアタッカーが揃い、

これまで深田 将斗 選手が担っていたゲームメイクの部分も

フットサル経験が豊富な松尾 克浩 選手の加入により更にブラッシュアップされています。

 

圧倒的な攻撃力を武器に4戦全勝で迎えた前回は初戦で首位CENTRALEと対戦すると

CENTRALE持ち前の堅守に封じられ、0-1で今季初黒星。

第2戦のVANISHING POINT戦でも2点のリードを奪うも、

相手の長老ゴール(45歳以上の選手による得点。=2倍計算となるレギュレーション)が決まり、

2-2のドローに持ち込まれ、2試合で勝ち点1。

 

上位に残るため、もう負けられない状況下で迎える今回は

復調の兆しを見せる難敵デラパーマズ、王者Shawneeとの対戦。

両チームともnaughty mobと同じく攻撃力を売りにするチームのため、

ノーガードの撃ち合いに期待したいところです。

 

デラパーマズはこちらも昨季ベストファイブの青木 豪 選手が手をつけられないほどの絶好調。

彼にゴールを量産されるようなことになればnaughty mobの勝利はありえません。

いかにこの”アンストッパブル”な選手にボールを持たせないかを考える方が賢明でしょう。

 

Shawneeは言うまでもなく隙のないチーム。

攻撃的なnaughty mobが相手にボールを持たれることをどこまで我慢できるかが

この試合の鍵になるのではないかと見ています。

 

その他にも前回遂にベテランリーグ初勝利を挙げたRareReal dueの戦いぶり、

順位の近いyolocobace、HANGOVERと対戦するONEなど、

注目ポイントの多い1日になりそうです。